デブログ

「デブ」の「デブ」による「デブ」のための情報。

炭水化物

夏に体重が増加する人は「栄養失調太り」の可能性

夏バテで体調は芳しくないのに、体重が増えてしまった――、最近、そんな不思議な健康状態の人が増えているという。

生活総合情報サイト『オールアバウト』が運営する生活トレンド研究所が夏の健康に関する調査を行なったところ、5人に1人が「昨年の夏、体重が増加した」と回答している。

夏バテのせいで痩せてしまうという話はよく聞くが、逆に太ってしまう人がそこまでいるとは……。なぜこんなコトに? 女子栄養大学教員で、オールアバウト「食事ダイエット」ガイドも務める浅尾貴子氏が説明する。

「夏の時季に太る人というのは、栄養失調に陥っている可能性も考えられます。夏は冷やし中華やそうめんをはじめとした麺類など、炭水化物中心の食事になる 方が多いですが、カロリーをたくさんとっても、炭水化物=糖質を燃焼させるための栄養素が不足していると、上手に消化することができないんです。その結 果、体がだるくなったり、睡眠不足などの体調不良を引き起こし、同時に太ってしまうというわけです」

栄養失調に陥っている? 一見、カロリー不足のようなイメージを持ってしまいがちな栄養失調だが、実はそうではない。三大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質に加え、ビタミンやミネラルなど多様な栄養素をバランスよく摂取できていない状態、それが栄養失調なのだ。

栄養失調による体重増加……、いささか矛盾しているようにも思えるが、そもそも夏はその状態を誘発する要因がたくさんあるという。前出の浅尾氏が続ける。

「夏場は冷たい麺類のほか、サンドイッチ類、アイスクリームなどの冷たいデザート類と、軽い食べ応えの割にカロリーが高い食べ物を選びがちです。例えばそ うめんは、2人前くらい平気で食べてしまいますよね? あんなにあっさりした食べ物なのに、実はカロリーは700キロカロリーを超えます」

炭水化物ばかり食べていると太ってしまうというのは、なんとなく知っているが、夏は不思議とそういったものをとりたくなるというのもまた事実。

「それにはきちんとした理由がある」と語るのは、医学博士で健康科学アドバイザーの福田千晶氏だ。

「ガムシロップをたっぷり入れたアイスコーヒー、コーラやスポーツドリンクといった大量の砂糖を含んだ清涼飲料水など、暑いとどうしても冷たいものを飲む 機会が増えますよね? すると内臓が冷えてしまう。内臓が冷えると消化酵素の働きが悪くなって、消化能力は衰えます。その結果、胃腸の働きも弱まってしま う。おのずと消化しやすい炭水化物を体が欲するというわけです。ですから、冷たい飲み物をとりすぎないことも大切ですね」

福田氏は、夏場はアルコール、甘いもの、油ものという「3つの“あ”」の誘惑に勝つことが、栄養失調太り対策にとって重要だと説く。この夏、お腹が少し気になってきた人は、食生活を見直してみよう。

(取材/木場隆仁)
週プレNEWS 7月29日(月)6時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130729-00000635-playboyz-soci

<ダイエット>「冬は太りやすい」は本当か?

夏は少しの運動でも汗をかくためやせやすく、逆に冬は太りやすい気がしてしまいますね。

 しかし、実は逆です。夏よりも冬のほうが基礎代謝が高く、やせやすいのです。

 基礎代謝とは、運動をしていなくても細胞を維持するためだけに消費されるカロリーのことです。一日の消費カロリーのうち、実に70%がこの基礎代謝です。

 冬は気温が低いので、体温を保つため、人の体は一生懸命にカロリーを燃やして熱を作ります。だから、冬のほうが基礎代謝が高くなります。

ナツメヤシ-イスラム世界の気になるニュースをチェック!

 ……ではなぜ「冬は太りやすい」と思われているのでしょうか?

 それには二つの原因があります。

 ひとつは「運動不足」です。

 冬は寒いため、どうしても外に出て運動をしたり、歩いたりする時間が短くなりますね。特に年始は、寝正月で過ごしてしまうこともあります。

 では、冬に運動不足にならないためにはどうすればよいのでしょうか?

 一番のおすすめは、エスカレーターやエレベーターを使わずに、階段を使うことです。階段を上がる運動は、「大腿(だいたい)四頭筋」と「大臀筋(だいでんきん)」という大きな筋肉を使う、キツめの運動なのです。

 一日5分間は階段を上がる時間を作るようにするとよいでしょう。

 二つめの原因は「暴飲暴食」です。

 年末年始は宴会が多く、摂取するカロリーが増えがちです。

 宴会のときは、お酒の量よりも「つまみ」に注意しましょう。

 揚げ物、肉類、炭水化物はなるべく避け、サラダ、キノコ類、たけのこ、こんにゃく、しらたき、海藻類(ひじき、わかめ、こんぶなど)など、食物繊維の多いつまみを食べるようにすれば、だんぜん太りにくくなります。食物繊維はたくさん食べてもカロリーが限りなくゼロに近いので、安心して食べましょう。

 逆に、シメのラーメン、うどん、お茶漬けなどの炭水化物は、控えるとよいでしょう。

 標準体重ならばあまり気にする必要はありません。しかし、太りすぎると体内の活性酸素が増えて体の“サビつき”が進行し、老化が進行します。

 「肥満=老化」と思って注意しましょう。

 ◇プロフィル

 澤田彰史(さわだ・あきふみ)。東京警察病院医師、美肌マスター。日本抗加齢医学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。同院以外でも、形成外科・美容外科から、寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)などのテレビや、雑誌・新聞の連載も受けもつ。“かしこくむだなく、シンプルアンチエージング”をテーマに、ドクターズコスメやサプリの企画開発を行う「ARGON Co.Ltd」の顧問医も務めている。

毎日キレイ 12月22日(土)15時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121221-00100040-maikirei-hlth

主食抜くケトン体ダイエット 心臓疾患の危険高まる可能性も

白澤卓二氏は1958年生まれ。順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。アンチエイジングの第一人者として著書やテレビ出演も多い白澤氏が、自身も実践中という「ケトン体ダイエット」について解説する。

 * * *
 前号の『週刊ポスト』で、「ケトン体ダイエット」が、減量できないOLや昼食後のオフィスで“午後の睡魔”と闘っているサラリーマンにも喜ばれるダイエット法であることを紹介した。

 ご飯、パン、麺類などの主食(炭水化物)を抜けばよいだけの比較的簡単なダイエット法なので、私自身も実践している。

 最近の研究では、ケトン体が時計遺伝子に作用して、概日(がいじつ)リズム(24時間周期で変動する生体リズム)や睡眠の質を変える可能性が指摘されている。

 産業技術総合研究所の生物機能工学研究部門の大石勝隆研究グループ長は、マウスにケトン体ダイエット餌を2週間摂取させ、体内時計の指標となる時計遺伝 子の機能を調べた。その結果、時計遺伝子が最もよく働く時刻が4時間から8時間ほど早くなっていることを発見した。つまり、ネズミはケトン体ダイエットで 早起きになったのだ。

 しかし同時に血液を凝固しやすくするPAI-1というタンパク質の血中濃度も上昇していることが判明し、ケトン体ダイエットで心臓疾患の危険が高まる可能性を指摘している。

 ケトン体ダイエットの安全性に関してはさらなる研究が必要だが、私はいつも寝る前に、納豆を食べるようにしている。納豆に含まれているナットウキナーゼがPAI-1の作用に拮抗することが報告されているためだ。
NEWS ポストセブン 11月10日(土)16時5分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121110-00000014-pseven-soci
記事検索