デブログ

「デブ」の「デブ」による「デブ」のための情報。

ダイエット

食事制限・運動なしでメタボ治療…マウスで効果

 肥満が原因で発症する糖尿病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を治療する薬の候補物質を見つけたと、東京大の門脇孝教授(糖尿病・代謝内科学)らの研究チームが発表した。


 心臓病の合併など様々な事情で運動や食事制限ができない人に朗報で、飲み薬を目指して5年以内に臨床試験を始める。研究成果は31日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。


 肥満の人では、アディポネクチンという「善玉ホルモン」の分泌が減り、糖尿病やメタボにつながることが知られている。アディポネクチンを薬にできれば糖尿病などを改善できると期待されるが、構造が複雑なため、飲み薬としての量産は難しかった。


 研究チームは、飲み薬として使えそうな数百の化学物質を試し、アディポネクチンと似た働きをする物質を発見。脂肪の多い食事で太って糖尿病になったマウスに物質を飲ませて、効果を検証した。その結果、マウスの食べる量や体重に変化はなかったものの、血糖値や中性脂肪の濃度が下がった。肥満による筋力低下を抑える効果もみられた。

読売新聞 - 2013年10月31日 03:03

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2633583&media_id=20&from=ranking

メタボ進める遺伝子発見 京都府立医大グループ

 肥満や、内臓脂肪がたまるなどのメタボリック症候群の進行に関わる遺伝子を、京都府立医科大の池田宏二助教や赤壁佳樹医員らのグループが新たに見つけた。肥満などの治療薬開発につながる成果で、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで11日発表する。
 グループは、血管新生を抑えるタンパク質ARIAを見つけている。ARIAが脂肪組織の血管内皮で活性化していることから、肥満との関係を調べた。
 ARIAを作る遺伝子を欠いたマウスは高脂肪食を与えても太りにくく、通常のマウスと比べ内臓脂肪が約半分の量だった。脂肪組織で血管新生が進み、脂肪の燃焼やインスリンの働きを助けるホルモンの分泌が促進されているらしい。
 通常食でも通常のマウスに比べ体内でインスリンがよく働いており、血糖値が上がり過ぎることがなかった。
 池田助教は「ARIAの働きを抑える薬剤は、肥満やメタボリック症候群の予防薬として期待できる。心筋梗塞(こうそく)などの血管障害が起こっても、血管新生を促して血流を改善する効果が期待できる」と話している。
京都新聞 9月11日(水)9時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130911-00000003-kyt-l26

肥満増えたら社食に保健所が指導…15年度から

 健康的な給食などを通じて体重管理を――。

 厚生労働省は文部科学省などと連携し、肥満ややせの人の割合が増えた給食や社食の提供施設に対し、保健所が指導、助言する新制度を2015年度から全国で導入することを決めた。

 学校や企業などが身体データに合わせた栄養管理を行えるようにし、生徒や社員らの健康づくりにつなげる。

 新制度では、給食を出している小中高や保育園、社員食堂などが対象。健康診断の結果から肥満ややせの割合が前年より増えた施設に、報告を受けた保健所の 管理栄養士が改善を促す。例えば、カロリーを抑えた献立作りや、栄養バランスのとれた食べ方を書いたプレートの設置を指導する。

 肥満ややせの指標は、体重や身長から算出する体格指数(BMI)や、身長別標準体重を使って割り出す肥満度などを採用する。肥満とされるBMI25以上 の人の割合などを各施設が算出するよう、厚労省は今年秋にも全国に通知する。実情を踏まえ、各施設が職員らへ運動の呼びかけを含めた対策をとったり、都道 府県が施策作りに生かしたりすることも期待される。
読売新聞 8月3日(土)17時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130803-00000601-yom-sci

肥満薬の治験でデータ改ざんか 身長偽り肥満度上げる

 メタボリック症候群など肥満症に効く市販薬の開発をめぐり、大阪市の病院が実施した臨床試験(治験)のデータの一部が改ざんされた疑いがあることが朝日新聞の調べでわかった。被験者72人の中に治験を実施した病院の職員6人が含まれ、4人の身長が実際より低く記録されていた。治験の条件を満たすため被験者が肥満体となるよう偽装された可能性がある。

 治験は、製薬大手「小林製薬」(本社・大阪市)の依頼を受け、医療法人大鵬(たいほう)会「千本(せんぼん)病院」(同市西成区、196床)が2010年4月から実施。小林製薬は11年11月、治験結果をふまえ、市販薬としての製造販売の承認を国に求めたが、朝日新聞の取材後の今年2月、申請を取り下げた。同社は今後、事実確認を進め、病院側に法的手段を検討するとしている。

 朝日新聞が入手した内部資料によると、治験の責任医師は当時の内科部長(43)で、当時の院長(45)も業務の一部を分担した。被験者72人の中に当時の職員6人の名前があり、うち4人に直接取材して身長を確かめると、いずれも治験のカルテや症例報告書に記載された身長が実際より約4~10センチ低かった。千本病院も取材に対し、これらの事実を認めた。
朝日新聞デジタル 6月30日(日)5時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130630-00000003-asahi-soci

ご飯1杯を半分にすると1年で約5kgの体重減も可能と専門家

「食べる量は増えてないのに太る」「体重が増えるとなかなか元に戻らない」…。これは20代から減り始め、40代に入るとガクンと落ちる代謝(消費エネルギー)が原因だ。代謝が落ちればエネルギー消費も落ちて、消費されなかった食物は脂肪となり体に蓄積される。40代からの効果的なダイエットは? 健康的なやせ方とは――?

 東京大学大学院教授で筋生理学・トレーニング科学専門の石井直方さんに解説してもらった。

 40代になると代謝が落ちる上に脂肪が増えやすい体になるため、若い頃の食生活を続けていると消費できないエネルギーが日々蓄積されていく。脂肪を貯めない体にするには“摂取エネルギーを適度に減らす”のが基本。

「軽くご飯1杯分(約120g/200kcal)を半分にすると100kcal(体重約50kgの人が45分ウオーキングで消費したエネルギーと同じ)。さらに 1か月続けると100kcal×30日=3000kcalのカロリーダウンに。

 ただし脂肪を1g燃焼するには7kcalを必要とするので3000kcal÷7kcal=428.6g。体質にもよりますが1か月で約430g、1年で約5kgの体重減に。1日100kcalを減らす程度なら、体へのダメージもありません。長年かけて蓄積した脂肪を落とすには、それなりの時間が必要だと認識して」(石井さん)

 1食分のご飯を半分に減らすだけなら、すぐにトライできるはず。また、どうせ食べるなら洋菓子ではなく和菓子、揚げものを控える…など、自分の食生活(摂取エネルギー)を見直すこともお忘れなく。

※女性セブン2013年6月6日号
NEWS ポストセブン 5月25日(土)7時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130525-00000001-pseven-life

糖尿病受療率が全国1位! 香川県民を悩ます“うどん食べすぎ問題”とは?

香川県が県内全域で小学生に糖尿病検査を実施する。対象は全17市町の公立小学校4年生と5年生の一部。昨年度も県内12の市町の小学4年生を対象に検査を実施したが、本年度は県内の全公立小学校で検査を行なうという。

糖尿病予防のため、都道府県単位で小学生の血液検査が実施されるのは全国初のこと。

糖尿病を予防する

香川県健康福祉総務課の担当者はこう語る。

「実は、香川県は糖尿病受療率が2008年の調査で全国ワースト1位、11年もワースト2位と糖尿病に悩まされているんです。そこで県では『糖尿病ワースト1位脱出事業』として、対策に取り組んでおり、小学生対象の検査もその一環です。生活習慣病予防は子供の頃から行なったほうが効果的ですから」

昨年度の同調査では、計6743人の児童のうち、750人(11・1%)が「脂質の異常」と判定され、25人(0.4%)は「糖尿病の疑いが否定できない」とされた。

香川県民の糖尿病事情に詳しい香川大学医学部付属病院糖尿病センターの村尾孝児教授に聞いた。

「この数字が全国平均に比べて多いか少ないかは、過去に同様のデータがないので判断できません。いずれにせよ、香川県民の糖尿病受療率が高いのは事実。原因はひとつではなく、複合的な要素が絡んでいます。もちろん、そのひとつが讃岐うどんだというのは否定できないと思います」

香川県民のソウルフード、うどん。うどん店だけで、県内に約900軒もあり、うどん消費量は断トツの全国1位だ。うどん、つまり、炭水化物の過剰摂取が、糖尿病の呼び水となっている疑いもあるというのだ。

とはいえ、県民からはこんな声も聞こえてきた。

「観光客が来るからうどん店も増えて消費量も上がっとるけど、香川の人だけで言うと、昔のほうがもっとうどんを食べとったと思う。昔は朝も昼も夜もうどんやったけど、今はたいてい昼くらいじゃろ。うどんの食べすぎ言われても、あんまりピンとこんけどなぁ」(高松市内に住む50代女性)

うどんだけが悪いわけではない。むしろ、うどんは悪くない。他県民はうどんの代わりにご飯やパンを食べているではないか。現地で取材したところ、そう言いたげな県民も多かった。

前出の村尾教授はこう言う。

「確かに、必ずしもうどん自体が悪いわけじゃないですよ。例えば、香川ではうどんを食べる際、おにぎりをトッピングするのが当たり前。いわゆる『うどんライス』です。さらに最近では天ぷらも一緒に食べる人が多い。毎日、昼食にこうした食事となれば、栄養も偏り、糖尿病のリスクも高まる」

また、香川県は1人当たりの菓子パン消費量も全国1位。うどん、おにぎりに加えパンと、根っからの炭水化物大好き県民なのだ。

さらに06年から10年の国民健康・栄養調査によると、香川県民の一日当たりの野菜摂取量は男性が全国46位で女性が最下位の47位。この深刻な野菜不足が原因だという指摘もあり、現在、同県では「サラダうどん」が推奨されているという。って、そこでもやっぱり、うどんなのね……。

「食べ方にも問題はあります。讃岐うどんって、のどごし重視で噛まずに早食いする人が多いんですよ。それこそ『麺は飲み込め』なんて言う人もいるくらい」(前出・村尾教授)

実際、平日昼間に高松市内のオフィス街のうどん店をいくつか巡ってみると、「うどんは飲み物」といわんばかりに、すごい勢いで吸い上げている客の姿が目につく。

「そうした食べ方だと栄養を一気に吸収してしまうので、食後の高血糖をきたしやすいんです。急激に血糖値を上げてしまうと、糖尿病だけでなく動脈硬化のリスクも高まります」(村尾教授)

さらに村尾教授は「食事だけでなく、運動不足も原因のひとつに考えられる」と付け加える。香川県民の一日の歩数は、前述の国民健康・栄養調査によると男性は全国37位、女性は全国39位と最下位ではないものの、芳(かんば)しくはない。

このようにいろいろな要素が複雑に絡み合って糖尿病に悩まされている香川県民。最後に“讃岐うどん界のアイドル”こと、名店「池上製麺所」のるみばあちゃん(88歳)はこう言い放つ。

「うどんはよう噛んで食べんとダメよ! あと、薄味な。塩分は控えめにせんと。もちろん、野菜もようけ取らんといけん。おばぁちゃんは家では野菜ばっか食べとる。おばぁちゃんでも、店に出て動いたりしとるんじゃから」

うどん県民よ、健やかなれ!

(取材・文/コバタカヒト)
週プレNEWS 5月23日(木)19時50分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130523-00000272-playboyz-soci

「ときどき朝食」メタボ注意 食べないより危険大

 【森本未紀】朝食を食べたり食べなかったりする人は、毎日食べる人よりメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になるリスクが女性で4倍以上、男性では2倍近く高くなるとの調査結果を、東京慈恵会医大総合健診・予防医学センターの和田高士教授がまとめた。14日の日本内科学会で発表する。

 和田教授は、2004年から09年までに同センターで人間ドックを受けた人の記録を調べた。腹囲は女性80センチ、男性85センチを基準とし、脂質、血圧、血糖値を調べて診断。初回は基準を超えていなかった30~59歳の男女6104人について、その後メタボになったかどうかを1週間のうちに朝食を食べる回数別に分析した。



 その結果、男女とも「週2日」の人が最もリスクが高かった。ほぼ毎日食べる人と比べて女性では4・5倍、男性では1・9倍。ほとんど食べない人は、男女とも毎日食べる人とほとんど変わらなかった。
朝日新聞デジタル 4月8日(月)6時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130408-00000002-asahi-sci

メタボの人、医療費が平均で年9万円高に

 厚生労働省は、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」と判定された人の医療費がその他の人に比べ、平均で年約9万円高くなっているとする調査結果をまとめた。

 メタボと判定された人と、血糖など調査項目すべてで異常がなかった人との差が最大だったのは45~49歳の女性で、年18万130円多かった。政府は、国民の健康増進と医療費抑制のため、6月にまとめる「健康・医療戦略」で、メタボと判定される人を減らすための施策を盛り込む考えだ。

楽体(rakuda)/らくだ (70cm/100g) ~アンチ・メタボ特別プログラム【楽ギフ_包装】

価格:4,935円
(2013/4/7 19:50時点)
感想(2065件)



 厚労省によると、メタボと医療費の関係を調査した国レベルの大規模調査は初めて。調査は、厚労省が2009年度の特定健診結果と、10年度の医療機関の治療実績を示したレセプト(診療報酬明細書)を突き合わせることができた約269万人について、男女別、年齢階級別に分析した。
読売新聞 4月7日(日)3時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130406-00001213-yom-soci

注意!体にいいはずの運動で免疫が低下?

仕事に追われる毎日でも、頑張って時間を作って運動してる──。

 そんな頑張り女子こそご注意!運動のしすぎが体調を崩すきっかけになることもある。
 何事も、過ぎたるは及ばざるがごとし。適度な運動や乳酸菌の利用など、
 無理なく続けられる体メンテナンス法を提案します。

 春から初夏にかけては“新しい自分”になろうと、やる気が高まる時期。仕事もおしゃれもダイエットもと、ついつい頑張りすぎちゃう──そんなときこそ体調管理は万全にしたい。

 そのカギを握るのが免疫。漠然と「体を病気から守るもの」といったイメージはあっても、実際にはどのような仕組みなのか、知らない人も多いのでは?

 免疫学を専門とする順天堂大学の竹田和由さんによると、免疫には、自然免疫と獲得免疫の2種類あるという。

 「自然免疫とは生まれつき備わっているシステム」と竹田さん。細菌やウイルスに感染した細胞、がん細胞のような“通常いるはずのないもの”が体内に潜んでいないか、免疫細胞がおまわりさんのようにパトロールしては退治する働きだ。一方、獲得免疫は、自然免疫が退治した細菌やウイルスの情報をもとに抗体を作り、それらが再び侵入してきたとき、素早く退治するシステムだ。「インフルエンザワクチンも獲得免疫の働きを利用したもの」(竹田さん)という。


自然免疫力が体調管理のカギ

 いつ、どの病原菌やウイルスにさらされるか分からない状況では、自然免疫がしっかり機能することが重要だ。自然免疫を担う免疫細胞は幾つかあるが、代表的なのは「NK(ナチュラルキラー)細胞」。生来、殺し屋として存在することからつけられた名前だ。

 「NK活性」と呼ばれるNK細胞の“退治力”は、NK細胞の数と個々の細胞の力で決まる。NK活性は、加齢や生活リズムの乱れなどで低下し、ストレスにもとても敏感に反応する。

 「人によって生活リズムは異なるので、一概に早寝早起きがいいというわけではない。朝型なら朝型、夜型なら夜型と、自分自身の生活リズムを一定に保つほうがいい」(竹田さん)

激しい運動が逆効果になることも

 健康のために、ジョギングやエクササイズなど、運動を習慣づけている人もいると思うが、「運動で免疫力が高まるわけではない。それどころか、マラソンや激しいトレーニングは、かえって運動後の免疫力を急激に低下させる」と竹田さん。

 とはいえ、会話を楽しみながらできる散歩やサイクリング程度の運動であれば、血流が高まることで免疫細胞が全身に行き渡り、効果も発揮しやすくなるという。

 「最近では、『笑うと免疫力が高まる』という話も聞くが、これも笑うことが適度な運動になって血流がよくなるからではないか」と竹田さんは推測する。言い換えれば、その程度の刺激で十分免疫は活性化されるということ。体によかれと、疲れていても頑張って運動するようにしているという人は生活を見直したほうがよさそうだ。


ヨーグルトなどの食品で手軽に免疫活性を

 「免疫力を高めたいなら、食品を理由する手も」と竹田さん。乳酸菌やアガリクスなど、NK活性を高める働きが確認された食品が幾つか見つかっているからだ。「たとえば、インフルエンザ対策で話題になったR-1乳酸菌にはNK活性を高める作用がある。この乳酸菌入りのヨーグルトを食べ続けることで風邪を引きにくくなったというデータもある。ヨーグルトなら生活に取り入れやすいのでは」と竹田さんはアドバイスする。



 「新しい自分」と出会うべく、パワーアップしたい今だからこそ、こういった健康力を底上げする食品を生活に取り入れてみてはいかがだろう。


この人に聞きました順天堂大学医学部
免疫学講座准教授
竹田和由さん
東北大学大学院歯学研究科博士課程修了。新潟大学医学部助手を経て現職。「体にいいものでもおいしく感じられなければ、体にとってはストレス。自然免疫力を下げてしまうので要注意」
日経ウーマンオンライン(日経ヘルス) 3月29日(金)10時58分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130329-00000001-health-life

「メタボ健診」受診者は半数以下

 厚生労働省は1日、40歳以上を対象とした特定健康診査(メタボ健診)の平成23年度の実施率が45%(前年比1.8ポイント増)にとどまったと発表し た。

ピロリ菌を除去しよう!

23年度にメタボ健診を受けたのは2363万人で、うち生活習慣の改善が必要とされたのは17.8%の419万7555人だった。メタボ健診は腹囲測 定や中性脂肪、血圧などの値から生活習慣病のリスクを判断するもので、20年から公的医療保険加入者の40~74歳を対象に実施が義務づけられている。
産経新聞 3月2日(土)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130302-00000138-san-hlth
記事検索