いま職場のなかでもメンタルの不調を訴える人が増えている。こうしたなか、精神医学の世界で注目されているのが、精神と食事との関係を研究する精神栄養学だ。その最先端の研究成果の数々を紹介していく。

精神疾患の脳科学講義

 近年、うつ病を食事で治す、といった内容の一般書籍がよく売れている。

うつ病チェック!

 「医食同源」や「病は気から」などの“常識”に鑑みるならば、食と気(心・精神)が結びついていても特段おかしなことではない。むしろ、これまで食の観点からメンタルヘルスが語られなかったことに、「そういえばなぜ? 」と首を傾げるくらいだ。

 しかし、この類の本を実際に読んでみると、正直、ついていけない部分もある。メンタルヘルスにとって栄養がいかに重要かを平易に説明してくれるのはいいのだが、特定の食品や食事法の是非を断定していたり、結局は高価なサプリメントの服用が必要だったり、お勧めの療法をまるごと「信じる」のには抵抗を覚える。

 それでも、この超ストレス社会――。いつ、誰が、うつ病をはじめとする精神疾患にかかってもおかしくない。加えて、向精神薬の副作用についても、いろいろと聞かされるようになった。罹患しても薬漬けにはなりたくない。食事で心の病が予防・治療できるなら、ぜひ知識を仕入れておきたい。そう思うのは自然なことである。

 そこで、このメンタルヘルスの新ジャンルを、より科学的、本格的に切り拓き始めている研究者に話を伺った。東京都小平市にある国立精神・神経医療研究センター神経研究所の功刀(くぬぎ)浩・疾病研究第三部長。功刀部長は新聞やテレビにも登場することのある「精神栄養学」の開拓者だが、食事療法に注目したのはまだ最近で、2010年のことだという。

 「脳由来神経栄養因子、つまり脳の神経細胞にとっての栄養に関して講演依頼を受けたんです。そのとき、精神疾患と食事の関連について調べてみた。そうしたら関連性を見出した先行研究が欧米にたくさんあり、これは大事だと気づかされたのです。それまでの僕は普通の精神科医でしたから、栄養学の観点から精神疾患を考えることはあまりありませんでした。いまはしゃかりきになって研究しています」

 日本の精神医学は欧米のそれに比べて10年は遅れている、とも指摘される。精神栄養学についてもそうで、日本での研究が始まったのは、ほんの数年前から。対して欧米諸国では、10年ほど前から食生活と精神疾患の関連を示すエビデンスが急増している。そして、臨床の場で食事療法が指導されることも珍しくなくなってきている。

■うつ病患者では飲む量が少なかった緑茶やコーヒー

 では、先行研究ではどんなことがわかっているのだろうか。功刀部長の話をかいつまんでみよう。

 まず、有名なところでは、「地中海式食事」は「西洋(欧)式食事」に比べて、うつ病やアルツハイマー病になりにくい、という調査結果である。

 前者の食事の特徴は、果物・野菜・豆類・穀類・魚を多く、肉や乳製品は少なく、オリーブ油のオレイン酸は多く、赤ワインは1日にグラス1杯程度を摂取している、ということ。対して後者では、加工肉、ピザやハンバーガーなどのファストフード、精製した小麦粉で作る白パン、砂糖、味つけ加工乳飲料、ビールなどの食品摂取が多い。

 欧米諸国の12の研究報告を統合したメタ解析の結果も出ている。それによると、「地中海式食事」に準じた食生活を送っている者は、うつ病だけではなく、心臓病やがんのリスクも低いことが明らかにされている。

 また、「地中海式食事」で摂取が多い魚の油には、n-3系多価不飽和脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれており、これらが精神疾患の予防や治療に有効であるという研究報告も増えている。すでに米国精神医学会では、週に少なくとも2回は魚を食べることや、気分障害などの患者にPA+DHAの摂取を推奨している。

 さらに、ビタミンでは、ビタミンB12や葉酸の血中濃度とうつ症状が逆相関するという報告がある。特に葉酸の補充療法は、うつ病治療に効果的であるという報告が少なくない。ミネラルでは、鉄欠乏と亜鉛欠乏がうつ症状に関連しているとのことである。

 ほかにもさまざまな報告があがってきている最中だが、以上は現段階でその関連性や効果について、おおよそのコンセンサスがとれている内容だ。ならば、メンタルヘルスが気になる人は、ひとまず地中海式食事(イタリアンのイメージか)を心がけ、脂がのった青魚をいっぱい食べ、ビタミンB12の多い貝類、葉酸の多い緑黄色野菜、鉄も亜鉛も豊富なレバーの摂取などに励めばいいのだろうか。

 「いや、そう単純な話ではないんです」と功刀部長はくぎを刺す。

 「たとえば、地中海式食事はあくまで西洋式食事と比べて健康にいい、ということです。日本人は欧米人のように乳製品を多くとらないので、実はヨーグルトをもうちょっと食べたほうがいいと思います。腸内細菌が心の健康に大きく関与することも最近わかってきましたからね。魚に関しては、世界でもずば抜けて消費量が多いので、もう十分にEPAやDHAを摂取している人が大半かもしれません」

 つまり、海外のデータや知見をそのまま日本人の食事療法として取り入れるのは乱暴にすぎる、ということだ。いくら食の欧米化が進んだといっても、欧米と日本では食生活がかなり違うのだから当然である。

 日本人には日本人ならではの食生活と精神疾患の関連があるはず。その研究はまだ始まったばかりなので、今後の成果に乞うご期待としておこう。

 ただ、現在、功刀部長は文部科学省の脳科学研究戦略推進プログラムの一環で、うつ病患者と健常者の食事記録と血液検査記録を収集・分析中だ。その研究からわかってきたことを、以下に少しだけ紹介させていただく。

 ●必須アミノ酸
 ……食物からとる必要のある9種類の必須アミノ酸のうち、うつ病患者ではメオチニンの低下傾向が見られた。
●脂肪酸
 ……予想に反し、うつ病患者ではn-3系多価不飽和脂肪酸ではなく、n-6系多価不飽和脂肪酸が減少。
●ビタミン
 ……血中ビタミン濃度に大きな差は見られなかったが、うつ病患者では葉酸値が低い傾向があった。
●緑茶
 ……うつ病患者では飲む量が少ない。
●コーヒー
 ……うつ病患者では飲む量が少ない。

 欧米の先行研究と比して同じ結果もあるし、違う結果もある。それぞれがなぜそうなのか、栄養や食品と日本人のうつ病との関連性の解明はこれからだ。今後、国内で同様の調査を行い、違うデータが出てくる場合もありえるだろう。右記はあくまで、1つの調査の結果例であり、「だから、この食品がうつ病の予防・利用に効く」という話には結びつかない。

 ただし、次の調査結果については、現段階でも参考にしていい。

 ●肥満度
 ……うつ病患者では肥満傾向があり、HDLコレステロール(善玉コレステロール)低値、中性脂肪高値などメタボリック症候群との関連が示唆された。

 「うつ病の人には痩せているイメージがあるかもしれませんが、実際は逆のほうが多いんです。ストレスを晴らすための過食で、あるいは運動不足のせいで肥満になってしまう。食べ物は、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素をバランスよく適量に、しかも規則正しい食事でとることが大切です。生活習慣病の予防と同じだと考えてください」と功刀部長は言う。

 要は、何を食べればうつ病に効くといった発想ではなく、ちゃんとした食事を日々きちんととって、生活習慣を改善していくことがメンタルヘルスを保つ大前提ということなのである。

■毎日6リットルも牛乳を飲んでいたうつ病患者

 功刀部長の勤務地である国立精神・神経医療研究センターには、大規模な総合病院も設置されている。そこで管理栄養士として働く今泉博文・栄養管理室長は、精神疾患の患者さんの栄養相談・栄養指導もたくさん行っている。うつ病の患者が陥りがちな食生活の乱れについてこう語る。

 「一番多いのは朝食を抜いているパターンです。私の実感値では精神疾患の患者さんの7~8割は朝に何も食べていない。これが長期間続くと別の生活習慣病になりやすく、そうしたらますます気が滅入ってしまう。それと、孤食が目立ちますね。なんらかの事情で、いつも1人で食べている。みんなで食卓を囲むという食事の本来の意味がないから、もう何でもいいやという気分になり、お菓子と飲み物だけで済ましてしまっている人も多いんです」

 この今泉室長の話は、うつ病患者の場合についてなのだが、自分の食生活のありようと重なるところがあって、ハッとさせられる読者諸氏も少なくないのではないだろうか。

 「あと、こだわり食べ、こだわり飲みも多い。この食品が健康にいいと聞き、そればかりを食べたり飲んだりしてしまうのですよ。ある患者さんは牛乳が健康にいいということで、飲む量がどんどん増えていった。そのうち牛乳が主食に位置づけられ、1日の消費量6リットル。ずっと液体しか体に入れていないので、固形物を食べると下痢をしてしまう。まじめな人が、何かに救いを求めた結果、食事がヘンなほうに暴走してしまったわけです」

 牛乳6リットルとは尋常ではないが、マスコミなどで健康にいいといわれた食品にハマった経験のある人、健康食品を規定量以上に飲んで「安心」している人など、まじめに救いを求めて偏った栄養摂取をしてしまっている人は、いくらでもいるはずだ。

 今泉室長は言う。

 「忙しいビジネスマンで多いのは、朝食抜き、野菜不足、それから飲酒後のラーメンなど深夜の食事です。栄養指導だけでうつ病が治るわけではありませんが、食生活がおかしくなって、心のほうも不調になる。どっちが卵か鶏かはわからないとしても、密接に関連はしています」

 その負のスパイラルに入らないためには、どうしたらいいのだろうか。栄養のバランスのいい食事を規則正しくとることが正解、と理解はできても、その生活習慣づけの実践が難しく思える場合はどう考えたらいいのだろう。今泉室長の答えはこうだ。

 「欲張っちゃダメです。あれもこれもと完璧を目指すのではなく、自分ができるところから始める。朝食を食べていないのなら、パンと牛乳、そしてさっと洗ってドレッシングをかければいいだけの野菜を食べる。それだけで栄養はとれるし、何よりも自分で習慣づけられたら自信になります。私の栄養指導も、そんな話から始まります」

 自分の食生活を見直したいなら、都道府県ごとに設置されている栄養士会のケアステーションという仕組みを利用し、直接、栄養指導を受けるのも手だという。もしくは近隣の保健所には必ず管理栄養士がいるので、そこで相談することも可能だ。

 わざわざそこまで動くのは、という人は、定期健康診断の血液検査でひっかかる項目があった場合、「これは精神疾患につながる栄養問題かもしれない」という意識を持つだけでも、だいぶ対処の仕方が変わってくるだろう。日々の食生活のなかで、抜け落ちているもの、逆に過剰摂取しているものを、心の調子とともに自己点検する。

 精神医学と栄養学の結びつきは、まだ弱い。が、「10年後には変わっていると思います」と功刀部長は言う。

 「うつ病は“人生の危機”。心身の休息、環境調整、心理療法、投薬のほかに、食生活の改善をはじめとした生活指導も加え、総動員体制で治療する必要がある。そのために精神栄養学の発展が確実に求められています」
プレジデント 3月1日(金)8時45分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130301-00008756-president-bus_all&p=5